Besting Barbie

中堅玩具ブランドが如何に競合他社の供給問題を逆手に取り、ホリデー商戦で10万ドル以上を追加で売り上げたか

dollhouse-icon

チャレンジ

ドールハウスのカテゴリーは、マテル社の「バービー人形」の様な象徴的ブランドや、MGAエンターテイメント社の「L.O.L サプライズ!」の様な近年流行っているブランドが牛耳っており、みな莫大なマーケティング予算を確保しています。中堅玩具ブランドの同社は、これら大手企業相手に限られた予算内で如何に自社商品をAmazonで目立たせられるか対処法を見出す必要がありました。

ソリューション

Profiteroの在庫分析を活用した結果、同ブランドは2020年ホリデー商戦中に競合商品の”Barbie Dreamhouse”Amazonで在庫切れしていた事を発見しました。同社は早急に”Barbie Dreamhouse”キーワードの入札額を増やし、同商品ページのスポンサー商品広告枠を購入し、購入待ちきれない親達が在庫切れしているバービー商品を諦め、代わりに在庫に余裕があるドールハウス商品を購入するよう仕向けました。

Profitero導入後

Barbie Dreamhouse商品ページへのスポンサー広告キャンペーンを実施してから10日後には、ドールハウスは850件以上の注文を受注し、10万ドル以上の売上増を達成しました。

この勢いを維持するために、同ブランドはProfiteroと協力しながらより多くのOOSデータを活用し、キーワード入札や製品キャンペーン構築に役立てています。

sales icon

$100k+

キャンペーン開始10日間での売上増

global sales icon

7%

週間売上増

世界中の有力ブランドが、なぜProfiteroを活用しオンライン売上増を加速させているか